無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 金曜エンタテイメント「指先でつむぐ愛」 | トップページ | Godley & Creme/Images »

2006年3月11日 (土)

10cc/Deceptive Bends

くもり のち 晴れ。最高気温15℃降水確率20%

Deceptive Bends Music Deceptive Bends

アーティスト:10cc
販売元:Vertigo
発売日:1997/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1.Good Morning Judge 2.Things We Do for Love 3.Marriage Bureau Rendezvous 4.People in Love 5.Modern Man Blues 6.Honeymoon With B Troop 7.I Bought a Flat Guitar Tutor 8.You've Got a Cold 9.Feel the Benefit, Pt. 1-3

今、《愛ゆえに》の国内盤って無いんですか!不当な扱い受けてますね。
実は、私の10ccにおける一番の愛聴盤はこれです。
今までの私の10ccの評価から言えば、完全にGodley&Creme派と思われがちでしょうが、私は単なるポップス・ロックファンであります。

アルバムのリードを飾るGood Morning Judge の小気味よさ!ギターのリフが如何にロックを盛り上げてきたのかを知らしめる名リフだと思います。日本人の作るロックには名リフって数少ないですからね。それから、演奏時間が3分に満たない潔さ!(笑)

Godley&Cremeが1976年10月に脱退したのを受けて、1976年11月にリリースしたシングルThings We Do for Love (全米5位、全英6位)の大ヒット!
そして、People in Loveも全米40位のトップ40ヒットになります。

他にも小粋な作品が並び、ブリティッシュ・ロックの最良な曲がここにアリって思わせます。
アルバムのラストを飾るFeel the Benefitは11分30秒の大作で、Ericのリード・ギターが炸裂する曲です。
ホントに良いアルバムと思いますので、国内廃盤はちと勿体無いと思います。

あと、私は直接所有してないですが、

Bloody Tourists Music Bloody Tourists

アーティスト:10cc
販売元:Vertigo
発売日:2002/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にも、全英1位のDreadlock Holidayを始めとして良い曲が収録されていると聞きます。

しかし、何か足りないんです。
私は、ギターの音が全然変ってしまったと思いました。
今までの10ccは、エレキだかシンセだか分からないギターの音、これが最大の特徴でしたが、この独特のサウンドが以後なくなります。

確かに、Gouldman&Stewart派からすれば、こっちの方が良いと主張されると思います。
楽曲の一般受けという点からすれば、Gouldman&Stewartの曲が優れていると思います。
でもね、雑食的音楽ファンの視点からすればポールは二人いらない!んです。
ちょっと語弊がありますが、Gouldman&Stewartって小型ウィングスになってしまっています。私は、Gouldman&Stewartの前提としてポールが好きだから、わざわざGouldman&Stewartの音楽を買う気にはなりません。もちろん、個々の曲は素晴らしいと思いますが。。。

amazonのレビューで、Gouldman&Stewartをスティーリー・ダンになぞった評価がありましたが、私は偏った見方だと思います。10ccの初期4枚を聴けば分かるのですが、音楽的リーダーはGodley&Cremeです。File0176
さらに、←というビデオ・クリップ集を観てもらうと分かると思いますが、
Feel the Loveという曲で、分裂後の10ccの曲にGodley&Cremeが映像を作っています。
これが、ヒッチコックの《見知らぬ乗客》のパロディで、強烈に面白いです。

見知らぬ乗客 スペシャル・エディション DVD 見知らぬ乗客 スペシャル・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/09/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Gouldman&Stewartの曲は、皮肉な見方はあるんですがバカになれないみたいで、音楽はいいんですが雑食的音楽ファンの魅力には乏しいと思います。

ピーターなんか全く相手にしてないですからね。《全英ポップス情報》では、2週にわたって10cc特集をしましたが、2週目はThings We Do for Loveだけをかけて、後はGodley&Cremeの特集になりました。
それに対して、10ccファンの鈴木さえ子さんは異議を述べませんでした。
つまり、Gouldman&Stewartのファンならともかく、色々聴く音楽ファンが敢えて購入するというレベルではないのかもしれません。

それが現在、4人時代の10ccのアルバムはあるんですが、それぞれになると。。。という現状だと思います。(Godley&Cremeの曲にも問題点はあります。それは明日に)
私は、10ccって監督・脚本Godley&Creme、主演Gouldman&Stewartというグループだったんじゃないのかな?と思います。 
File0177
←“The Film Of My Love:10cc”主演男優のお二人。

トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ
トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ
トリノパラリンピック 日本代表選手応援バッジ

« 金曜エンタテイメント「指先でつむぐ愛」 | トップページ | Godley & Creme/Images »