無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 最近、一番悔しいこと。 | トップページ | Steely Dan/Alive in America [Live] »

2006年3月 1日 (水)

短文判決の井上判事、退官へ

短文判決の井上判事、再任希望を取り下げ (読売新聞) - goo ニュース

《下級裁判所裁判官指名諮問委員会が昨年12月、「再任は不適格」とした裁判官4人のうち、判決理由の短さが問題視されていた井上薫・横浜地裁判事(51)を含む3人が、今年に入って再任希望を取り下げていたことが分かった。
 残る1人は、1日に開かれた最高裁裁判官会議で、不再任が決まった。4人は最高裁が近く内閣に提出する再任名簿には登載されず、来月限りで裁判官の職を離れることが確定した。
 外部の有識者らによる同諮問委は、今年任期が切れる裁判官の再任の可否を審査し、結果を裁判官会議に答申していた。井上判事は、結論と無関係な記述(傍論)は判決文には不要だと主張する「司法のしゃべりすぎ」の著者として知られる。
 小泉首相の靖国神社参拝を巡る訴訟で、賠償請求を棄却しながら傍論で違憲判断を述べる判決が言い渡された際、「蛇足判決」と批判する論文を週刊誌に寄稿したこともある。横浜地裁所長による人事評価に不服を申し立て、同諮問委の答申に対しても抗議のコメントを出していた。》


ふ~ん、再就職先にどこかの法科大学院でも決まったんですかね?

確かに、井上判事が言われるように、靖国訴訟で、審判の対象である賠償請求を棄却しながら傍論で違憲判断を述べるような判決は蛇足です。
裁判官は、原告の提出した審判の対象である《訴訟物》のみを判断すればいいだけであって、それ以上のことを語るべきではないのです。それこそが、司法の独善化を防ぐ、自制への道だと思います。

ただ、井上判事が《法の論理的側面》のみを重視して、人間味を感じさせない判決文が良いと思われるならば、問題でしょう。
裁判官は、法を使って公平なモノの見方ができるからこそ、尊敬される職業になるのです。
そのためには、真摯に当事者の意見を聞き、充分に訴訟資料に目を通し、当事者を説得する文章を書かなければいけません。
当事者を説得するのに、結果的に判決文が長文化しても、私は良いと思います。

“法の論理からはこうなる”と判決文を短くするようでは、人間を説得することはできないでしょう。単なる《法匪》と思います。
井上判事の言われることの本質を理解するためには、彼の書物を読むべきなのかな。

司法のしゃべりすぎ Book 司法のしゃべりすぎ

著者:井上 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死刑の理由 Book 死刑の理由

著者:井上 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 判決理由の過不足

著者:井上 薫
販売元:法学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判官はなぜ誤るのか Book 裁判官はなぜ誤るのか

著者:秋山 賢三
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 最近、一番悔しいこと。 | トップページ | Steely Dan/Alive in America [Live] »