無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« タイガー&ドラゴン[再] | トップページ | 音楽・夢くらぶ「薬師丸ひろ子&HIS」 »

2006年3月16日 (木)

ろっくんろーる・あげイン!

晴れ のち 雨。最高気温15℃降水確率70%

ロック・アラウンド・ザ・クロック~ロックン・ロール・ヒッツ・ベスト・セレクション Music ロック・アラウンド・ザ・クロック~ロックン・ロール・ヒッツ・ベスト・セレクション

アーティスト:オムニバス,ビル・ヘイリーと彼のコメッツ,チャック・ベリー,ジェリー・リー・ルイス
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2002/03/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グッデイズ~ロックンロール50 Music グッデイズ~ロックンロール50

アーティスト:オムニバス,ビル・ヘイリーと彼のコメッツ,エルヴィス・プレスリー,チャック・ベリー,リトル・リチャード,ジェリー・リー・ルイス,ダニーとジュニアーズ
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2005/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ディスク: 1

1.ロック・アラウンド・ザ・クロック(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
2.ハウンド・ドッグ(エルヴィス・プレスリー)
3.ジョニー・B.グッド(チャック・ベリー)
4.トゥッティ・フルッティ(リトル・リチャード)
5.火の玉ロック(ジェリー・リー・ルイス)
6.踊りに行こうよ(ダニーとジュニアーズ)
7.レイヴ・オン(バディ・ホリー)
8.シャンティリー・レース(ビッグ・ボッパー)
9.ラ・バンバ(リッチー・ヴァレンス)
10.ロックンロール・ミュージック(チャック・ベリー)
11.エイント・ザット・ア・シェイム(ファッツ・ドミノ)
12.ハートブレイク・ホテル(エルヴィス・プレスリー)
13.オー・プリティ・ウーマン(ロイ・オービソン)
14.ペギー・スー(バディ・ホリー)
15.シェイク・ラトル・アンド・ロール(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
16.ミスター・ベースマン(ジョニー・シンバル)
17.バック・トゥ・スクール・ブルース(デイル・ホーキンス)
18.トレイン・ケプト・ア・ローリン(ジョニー・バーネット&ザ・ロックンロール・トリオ)
19.ジェニ・ジェニ(リトル・リチャード)
20.リトル・ダーリン(ダイアモンズ)
21.モナ(ボ・ディドリー)
22.アイ・フォート・ザ・ロウ(クリケッツ)
23.スタッガー・リー(ロイド・プライス)
24.オールモスト・グロウン(チャック・ベリー)
25.ロック・タウンは恋の街(ストレイ・キャッツ)

ディスク: 2

1.監獄ロック(エルヴィス・プレスリー)
2.ロール・オーヴァー・ベートーヴェン(チャック・ベリー)
3.ホット・ドッグ・バディ・バディ(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
4.のっぽのサリー(リトル・リチャード)
5.ロック・アンド・ロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ(ダニーとジュニアーズ)
6.カム・オン,レッツ・ゴー(リッチー・ヴァレンス)
7.ルート66(ジョージ・マハリス)
8.ザットル・ビー・ザ・デイ(バディ・ホリー)
9.フー・プット・ザ・ボンプ(シビレさせたのは誰)(バリー・マン)
10.僕のマシュマロちゃん(ジョニー・シンバル)
11.ショート・ショーツ(ロイヤル・ティーンズ)
12.リップ・イット・アップ(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
13.サファイア(ビッグ・ダニー・オリヴァー)
14.冷たくしないで(エルヴィス・プレスリー)
15.メイベリーン(チャック・ベリー)
16.ロック・アラウンド・ウィズ・オリー・ヴィー(バディ・ホリー)
17.シー・ユー・レイター,アリゲーター(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
18.ロック・ビリー・ブギー(ジョニー・バーネット&ザ・ロックンロール・トリオ)
19.キャストアイアン・ア-ム(ピーナッツ・ウィルソン)
20.ボーイ・ミーツ・ガール(デイル・ホーキンス)
21.ボ・ディドリー(ボ・ディドリー)
22.ユー・キャント・キャッチ・ミー(チャック・ベリー)
23.リトル・ホンダ(ホンデルズ)
24.バーン・ザット・キャンドル(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
25.セクシー&セヴンティーン(ストレイ・キャッツ)

THE BEST 1200 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ Music THE BEST 1200 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ

アーティスト:ビル・ヘイリーと彼のコメッツ
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2005/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベスト・オブ・チャック・ベリー Music ベスト・オブ・チャック・ベリー

アーティスト:チャック・ベリー
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

チャック・ベリー・ゴールド Music チャック・ベリー・ゴールド

アーティスト:チャック・ベリー
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベスト・オブ・バディ・ホリー Music ベスト・オブ・バディ・ホリー

アーティスト:バディ・ホリー
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・バディ・ホリー・ストーリー〜コンプリート・エディション Music ザ・バディ・ホリー・ストーリー〜コンプリート・エディション

アーティスト:バディ・ホリー
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:1999/02/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エルヴィス・アルティメット・ゴスペル Music エルヴィス・アルティメット・ゴスペル

アーティスト:エルヴィス・プレスリー
販売元:BMGファンハウス
発売日:2004/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ピース・イン・ザ・ヴァリー〜コンプリート・ゴスペル・コレクション Music ピース・イン・ザ・ヴァリー〜コンプリート・ゴスペル・コレクション

アーティスト:エルヴィス・プレスリー
販売元:BMGファンハウス
発売日:2000/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クリスマス・ピース~キャロル&ゴスペル・バラード Music クリスマス・ピース~キャロル&ゴスペル・バラード

アーティスト:エルヴィス・プレスリー
販売元:BMGファンハウス
発売日:2003/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


私にとって初めてロックン・ロールという概念にぶち当たったのは、恥ずかしながら

Rock 'n' Roll Music Rock 'n' Roll

アーティスト:John Lennon
販売元:Capitol
発売日:2004/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とか

平和の祈りをこめて Music 平和の祈りをこめて

アーティスト:ジョン・レノン
販売元:東芝EMI
発売日:2005/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music Live Peace in Toronto, 1969

アーティスト:John Lennon
販売元:Mobile Fidelity Koch
発売日:2006/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

です。

私は、1970年代後半に日本で流行っていた洋楽を除けば、最初にミュージシャン単位で好きになった洋楽は、ホントにビートルズでした。周回遅れも甚だしいビートルマニアです。
1980年に、あの人が暗殺されまして、追悼でビートルズとかソロ時代の曲が街中に溢れまして、勢いで

ダブル・ファンタジー 〜ミレニアム・エディション〜 Music ダブル・ファンタジー 〜ミレニアム・エディション〜

アーティスト:ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
販売元:東芝EMI
発売日:2000/10/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を購入したおっちょこちょいです。
で、ご存知の通り1曲目は、スターティング・オーヴァーですよ。
これは、“ジョンの大好きな50年代のロックン・ロールである”とか書いてあるわけです。ライナーに、内田裕也が!(ここで初めて内田裕也という固有名詞を知った次第です。実ははっぴぃえんどよりも早い!)
私にとっては、ちんぷんかんぷんです。
ナンタッテ、それまでは70年代後半のビリー・ジョエルとかロッド・スチュワートとか当時の最新ヒット曲しか聴いてないんですから。

そこで、ジョン・レノンの《ダブル・ファンタジー》のひとつ前が《ロックン・ロール》でしょ。
スタンド・バイ・ミーとか。
何か違和感を憶えたんです。
これってロックなの?
全然、音楽が激しくない!

1980年~1981年当時は、やっと70年代が終わったんです。回顧的音楽番組は、あまり70年代を振り返るものはなく、60年代とか50年代のロックが多かったです。
当たり前ですよね。2000年当時、90年代を振り返るなんて早すぎますから

1955年にロックが始まったとして、ビル・ヘイリーだとか、特にビートルズに多大な影響を及ぼしたバディ・ホリー(バディ・ホリーって、2つの偉大なグループの名付け親です。ビートルズとホリーズ。バック・バンドが“ザ・クリケッツ(こおろぎ)”なので“ザ・ビートルズ(かぶと虫)”。ホリーズはそのまんま!)を聴くのですが、どこがロックなの?と思いました。
だから、1980年頃のロックとロックン・ロールと呼ばれるモノは別物なんだと考えてました。エルヴィスも当時ピンと来なくて、唯一理解できたのがチャック・ベリーでした。

何故、チャック・ベリーしかピンと来なかったのか、その原因は今なら分かります。
私は、ブルーズ出身者のロックン・ロールしか知らなかったからです。
チャック・ベリー⇒ローリング・ストーンズ⇒RCサクセションというラインのロックン・ロールモノしか私の身の周りには残ってなかったからです。

思えば1955年に突然ロックン・ロールが始まったわけではありません。
1955年に楽器を奏でたらロックン・ロールになったなんて馬鹿げた話があるハズありません。
大瀧さん風に言うと、必ず《前史》があるハズなのです。
例えば、ビル・ヘイリーは1925年生まれです。で、40年代から音楽活動を始めます。
当然、ロックン・ロールなどありません。
ビル・ヘイリーのルーツは、カントリーミュージックです。

確か、何年か前の《新春放談》で、《ロック・アラウンド・ザ・クロック》の原曲の話題がありました。
原曲は、もっとスローな曲だったと記憶してます。
その曲をビル・ヘイリーがカバーしたときに、原曲よりもテンポを上げて録音したようです。

あと歌詞のニュアンスに気を配ったようです。
元々ロックン・ロールとは黒人のスラングで《性行為》を意味するそうです。
で、“今夜はぶっ通しロックしようぜ”という歌詞は。。。もうお分かりですね。
それをカバーするとき、ロックというのは“ダンス”とか“パーティー”というニュアンスで使用したのだそうです。
つまり、ダンス・ミュージックとかパーティー・ソングとしてのロックン・ロールという概念が誕生したのです。

だから、いわゆるブルーズのリフを使用しなくても、それまでのジャズに変って“踊れる音楽”をロックン・ロールとカテゴライズしたのです。
つまり、ブルーズ、カントリー、ゴスペルと出身母体を別々とするミュージシャンが演奏する“踊れる音楽”をロックン・ロールと総称したとなるわけです。
そのロックン・ロールを職業作曲者がポップス化したり、ビートルズを始めブリティッシュ・インヴェージョンがあったりして、サウンドが収斂されて今のロックになるのです。

では、今夜も。。。
Let's Rock 'n' Roll Again!Honey.......

« タイガー&ドラゴン[再] | トップページ | 音楽・夢くらぶ「薬師丸ひろ子&HIS」 »