無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« DAISY HOLIDAY!4月16日放送分 | トップページ | 細野晴臣のプロデューサー論・その1 »

2006年4月17日 (月)

月刊ミュージック・ステディ

File0186 http://www.rockonking.com/musicsteady.htm
こんなのが今1万円するの?!
竹内まりやのことを思い出したら、何か彼女が自分の音楽史を語っている資料があったよな?と思って、押入れから《月刊ミュージック・ステディ》1984年5月号&6月号を探し出しました。
というのは↑をご覧頂くとお分かりになると思います。
多分、大瀧詠一さんが初めてご自身の音楽史を詳細に語ったのが、この5月号と6月号だったのです。

で、今回の
File0184_2
でも、語られてますが、特徴としてはある時期のヒットチャート上登場したミュージシャンの知識なんです。
だから、“ディランの直撃をぜんぜん受けてない”となる。
URCやエレックとの契約を嫌がったりしたのも、そもそもヒットチャートの人だからインディーズ(アングラ)には全く興味がなかったからと思います。
その割には、日本のメジャーである芸能界的な仕事にはプライドが高く?出来なかったので、今日に至っているということでしょう。

私も、そもそもヒットチャートの人間なんです。だから、例えば吉田美奈子・大貫妙子・矢野顕子の場合、矢野顕子しか語れないのはアッコちゃんしか知らないんですよ。ベスト10ヒットがない人、しかも私のリアルタイムである1975年~1984年までのベスト10ヒットがないミュージシャンは苦手なんです。
逆に言えば、75年~84年までならベスト10に入るヒット曲があるミュージシャンは、全て私の守備範囲となります。たとえ一発屋だとしても・・・
ま、ミーハーの売れたモン好きなんですよ(苦笑)。

しかし、こういう値段というのは、不思議なものですな。
私は今

DVD NANNO DVD BOX

販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

が安くならないか、50%引にならないか、と毎日チェックしています(笑)。
まるで、株価を見ているみたいです(笑)。
あとは、amazonの在庫がなくなっては元も子もないので、それもチェックですけど・・・
3点在庫あり。ご注文はお早めに。
になったら、すぐに注文します!
【追記】
4月21日、50%引、きたーーーーーーーーー!
今だ!勝負!となると血が沸きますね(ニヤリ^^)

« DAISY HOLIDAY!4月16日放送分 | トップページ | 細野晴臣のプロデューサー論・その1 »