無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 大瀧詠一×山口隆=ジェリコの戦い? | トップページ | 私にとってのフォーク。 »

2006年4月14日 (金)

LOUD,FAST

くもり。最高気温17 ℃ 降水確率40%

ラウド&ファスト:ザ・ベスト・オブ Music ラウド&ファスト:ザ・ベスト・オブ

アーティスト:ラモーンズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2003/02/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1.ブリッツックリーグ・バップ
2.ビート・オン・ザ・ブラット
3.ジュディ・イズ・ア・パンク
4.ギミ・ギミ・ショック・トリートメント
5.コマンド
6.グラッド・トゥ・シー・ユー・ゴー
7.ピンヘッド
8.ロッカウェイ・ビーチ
9.ハッピー・ファミリー
10.シーナはパンク・ロッカー
11.ティーンエイジ・ロボトミー
12.アイ・ウォナ・シデイテッド
13.アイム・アゲインスト・イット
14.アイ・ウォンテッド・エヴリシング
15.サムシング・トゥ・ドゥ
16.ロックン・ロール・ハイ・スクール
17.リメンバー・ロックン・ロール・レイディオ?
18.KKK
19.サイコ・セラピー
20.アウトサイダー
21.ハイエスト・トレイルズ
22.ワートホッグ
23.ママズ・ボーイ
24.サムバディ・プット・サムシング
25.アイ・ウォナ・リヴ
26.ガーデン・オブ・シレニティ
27.アイ・ビリーヴ・イン・ミラクルズ
28.メイン・マン
29.ストレングス・トゥ・エンドア
30.ザ・クラッシャー

ロニー・スペクターのお陰で、パンク・ロックに開眼した私です(爆笑)。
20年前も、

勝手にしやがれ Music 勝手にしやがれ

アーティスト:セックス・ピストルズ
販売元:東芝EMI
発売日:2005/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を購入して、

Book セックス・ピストルズ「勝手にしやがれ!!」

販売元:シンコーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

をテキストに、バンド演奏修行したものです。
でも、好きでやったわけではなく、ホントはミック・テイラー在籍時のストーンズを演奏したかったんですけど、テクニックがなくて、あとコピーする忍耐力が欠けていたので、簡単に演奏できる方を選んだわけです(苦笑)。Anarchy in the U.K.なんて、最初に弾けたリード・ギターですよ。
でも、家で聴く音楽って南野陽子なんだから、き~狂っているよね(爆笑)。

で、ラモーンズなんですが、バンド名の由来が“ポール・ラモーン”からのイタダキなんだって(爆笑)。
ポール・ラモーンをご存知ない方は、明らかに洋楽の基礎知識が欠けている可能性があるので、根本から勉強し直してね(笑)。
そう意味からしても、パンク・ロックの創始者?は破壊者ではなく、伝統の継承者であったと考えられるんです。

去年、萩原健太さんを進行役に配した《ロック誕生50年》という番組が放送されました。
12月12日(月)~12月14日(水)午後11:00~午前0:30 BS2でしたね。
何か5月の第1週あたり再放送されるようです。
その中で3回くらい“ちょっと待った!”と叫んでましたね(笑)。
ロック50年の歴史の中で、TURNING POINTと呼べるのは、1964年のブリティッシュ・インベイジョン、1975年くらいの“ロックの動脈硬化”に対するブルース・スプリングスティーンのロック歴史観再構築やイーグルスの内部告発?、1977年のパンク・ムーヴメントだとしていました。
後の2つは、同じような時代背景の産物なので、ロックの歴史はだいたい
1955年~1963年の第1期
1964年~1975年の第2期
1976年以降の第3期に大別されるようです。
まぁ、第3期が長いですね。

1976年から第3期としたのは、

ラモーンズの激情+8 Music ラモーンズの激情+8

アーティスト:ラモーンズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

というラモーンズのデビュー・アルバムが、1976年4月23日にリリースされたからです。
おっと、もうすぐ30周年ですね!

さて、重要視しなくてはならないのは、第1期も第2期も第3期も、その開幕時にはその時代のLOUD&FASTなロックが聴けるのですが、段々時代を経ると耳障りのいい音に落ち着くのです。
最近話題のサンボマスターも新しいことは何一つないと思います。
しかし、今時の“ヌルイ”音しか聴けなかった世代には、LOUD&FASTなロックとして向かい入れられたのだと思うのです。

« 大瀧詠一×山口隆=ジェリコの戦い? | トップページ | 私にとってのフォーク。 »