無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 作詞:松本隆、作曲大瀧詠一。でも、歌:大滝詠一じゃない楽曲について | トップページ | プロフェッショナル・仕事の流儀 »

2006年4月 5日 (水)

趣味悠々+あの歌がきこえる

[新]趣味悠々・楽しく弾こう!大人のエレキ・ギター
「基本練習」

4/5 22:00 - 22:25
[3] NHK教育
趣味/教育

趣味悠々◇エレキ・ギター講座を9回にわたって送る。講師には、グループサウンズ「ビレッジシンガーズ」の小松久氏を迎える。1回目は「エレキ・ギターを弾く喜び!」を送る。課題曲は、1960年代を代表する懐かしいヒット曲ばかり。当時誰もがあこがれたエレキサウンドを、小松氏のアレンジと解説でマスターしていく。また音楽ライターの佐々木雄三氏による「エレキオヤジのコーナー」では、エレキ・ギターを愛する著名人たちがその魅力を語る。
出演者:
成毛滋 小松久 佐々木雄三 
http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/

多くの日本人は、エレキ・ギターをヴェンチャーズやグループサウンズからの影響で手にしたらしいんですね。
私が手にした1980年代前半は、私自身はビートルズでしたが、リッチー・ブラックモアっていうのが多かったですよ。

私は、リッケンバッカーが欲しかったんですが、当時30万円は大金でしたね。
今は、大した値段じゃないでしょ。1990年代に、リッケンバッカーで登場したL-Rを観て“このガキども!”と、ちと嫉妬したのは事実です(苦笑)。
楽しく弾こう!大人のエレキ・ギター Book 楽しく弾こう!大人のエレキ・ギター

著者:小松 久
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する



[新]あの歌がきこえる
「サザン名曲」
4/5 22:45 - 23:00
[1] NHK総合
音楽
出演者:
佐野史郎 
http://www.nhk.or.jp/anouta/
やはり、サザンだよね。
女と一緒に聴くのって。。。
彼女の髪を優しく撫でて。。。
バラッド '77~'82 Music バラッド '77~'82

アーティスト:サザンオールスターズ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1998/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)は、いい曲ですね。

一般大衆がどんな曲に思い入れがあるのか、リサーチするのにいい番組かもしれません。
司会は、我らの佐野史郎さんだし。。。

次回は、ユーミンの《魔法の鏡》です。

« 作詞:松本隆、作曲大瀧詠一。でも、歌:大滝詠一じゃない楽曲について | トップページ | プロフェッショナル・仕事の流儀 »