無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« ソロモン流「女性が憧れる女…夏木マリが若さの秘密公開」 | トップページ | 月刊ミュージック・ステディ »

2006年4月17日 (月)

DAISY HOLIDAY!4月16日放送分

晴れ。最高気温18℃降水確率0%

4月16日の放送は、鈴木惣一朗さんを招いての音楽夜話。
今週はゲストに<東京シャイネス>のバンマス<鈴木惣一朗さん>を迎えて“音楽”の話をじっくりと、、、。
スイマセン、ほとんど曲がかかりませんが、、、音作りの話、プロデューサーの話、歌の話などがいい響きで聞こえてきます。

Playlist
Apr. 17, 2006
01:06 THE DITTY BOPS
"BREEZE BLACK NIGHT"

The Ditty Bops Music The Ditty Bops

アーティスト:The Ditty Bops
販売元:Warner Bros.
発売日:2004/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


01:21 YUUICHI OOHATA
"HURRICANE DOROTHY"
ふたつの朝 Music ふたつの朝

アーティスト:おおはた雄一
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/03/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する


01:27 WORLD STANDARD
"ALABASTER"
雪花石膏 -ALABASTER- (CD-EXTRA仕様) Music 雪花石膏 -ALABASTER- (CD-EXTRA仕様)

アーティスト:ワールド・スタンダード
販売元:カッティング・エッジ
発売日:2004/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

惣ちゃん、昔からプロデューサー志望だそうで、20年前恵比寿のノンスタ所属時のボスであるところの岡崎友紀主演《なんたって18歳!》のバス会社と同じイニシャルの某音楽プロデューサーに(微笑)、“僕、プロデューサーになりたい”とお願いしたところ、その方は“言った時点からプロデューサーだよ、鈴木君”と言われたそうです(爆笑)。
で、プロデューサーを自称したものの仕事がなかったということです。

仕事がなかったってオカシイですよ。
だって、プロデューサーは仕事を作るんでしょ?
自分で企画を立て、予算を管理して制作するのがプロデューサーだと思います。
つまり、音楽でも映画でもイベントでも自分で企画して、どこからかお金を捻出して、その予算の範囲内でなんとかカンバルということです。
私が学校で教わった?プロデューサーの理論は、予算管理という視点だけです(笑)。

nov46sさんにオフでお会いして一番お聞きしたかったのが、はつぴぃえんどのレコード制作の予算は、どこから出たのか?ということだったんです。
これは公表してもいいと思いますが、はつぴぃえんどの場合なら三浦光紀さんが何とか捻出させたとか、YMOなら村井邦彦さんとか、ロンバケは朝妻一郎さんが頑張って予算を獲得したんです。ならば、本当のプロデューサーは、これらの人々ですよ!

はつぴぃえんどのメンバーって、究極的にはアレンジャーなんです。それならば、萩田光雄さんだって大村雅朗さんだってプロデューサーですよ、同等の!
ただ単にサウンドプロダクトが従来の歌謡曲畑の人よりは、こだわりがあっただけなんです。それなのに、はつぴぃえんどエライなんて、簡単に言う輩が本当に頭にくる!
それが現在の音楽業界に多大なる影響を与えてますよね。それも悪い影響・・・

以前、nov46sさんは“アーティスト・プロデューサーとスタッフ・プロデューサーはかなり違うというのが私の見方です。”と語られました。
http://d.hatena.ne.jp/nov46s/200602
私はアーティスト・プロデューサー=アレンジャー=映画のディレクターだと思ってます。
かつて、ヒッチコックやワイルダーは、プロデューサー&ディレクターという地位を手に入れました。
単に映像を作る人を映画業界ではプロデューサーとは呼びません。
逆に音楽業界では、単に音を作る人をプロデューサーと呼んでます。これでは、プロデューサーがインフレ化します。

もう一度、酒井政利さんあたりのプロデューサー論を勉強し直されることを強くオススメします。(というのは、nov46sさんのプロデューサー論がまだまだ未完なので・・・)
http://shibutama.net/sakai.html
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/ss/2-gakubu/top-gakubu/jasrac/0605.html
http://relog.jp/sakai/
http://www.yo.rim.or.jp/~mutsu/idol80/miscDB/SakaiMasatoshi.html
↑しかし、一人の人間がこれだけプロデュースできるのだろうか?

プロデュース感覚の磨き方―演出、企画、交渉、創造の力の源はここにある!

日本実業出版社

このアイテムの詳細を見る
↑むか~し、CBSソニーに就職したくって、こんな本読んでましたね(苦笑)。

« ソロモン流「女性が憧れる女…夏木マリが若さの秘密公開」 | トップページ | 月刊ミュージック・ステディ »