無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 都倉俊一時代の終焉。その2 | トップページ | 青春歌年鑑 1978/1979 »

2006年4月24日 (月)

竹内まりや徹底研究(抄)

くもり 時々 晴れ。最高気温 21℃ 降水確率10%

ここ何日か、nov46sさんのブログと記事のコラボ状態に入ってます(笑)。
当時の送り手と受け手が1979年前後をどのように捉えていたのか、ということです。
以前、う--でぶさんと江利チエミについて若干このようなブログ間のコラボは経験済みです。まぁ、どこまで話が続くのかということですが・・・(汗)

http://d.hatena.ne.jp/nov46s/20060423
で、現役の慶大生がプロデューサーと出会うお話が公表されてます。
では、それ以前のことをご本人に語っていただきたいところですが、
そうもいかないので20年以上前にご本人が語ったところをまとめてみたいと思います。

元ネタは
File0186_1 です。
現・山下まりやさんは、1955年3月20日島根県出雲市大社町で生まれます。
◆1955年~1970年:少女時代
まりやさんが物心ついて、最初に好きになった音楽は、パラダイス・キング、テレビ番組“夢で逢いましょう”の音楽=中村八大、洋楽カヴァーものだそうです。
特に、少女期まりやさんに影響を与えたのは、
弘田三枝子さんだそうです。

ミコちゃんのヒット・キット・パレード Music ミコちゃんのヒット・キット・パレード

アーティスト:弘田三枝子
販売元:東芝EMI
発売日:2005/06/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小学校から帰ると↑を聴いて歌っていたそうです。
よく大瀧詠一さんが“まりやはミコちゃんの後継者”というような発言をされてますが、
当たり前のハズレ後なのです。

1964年、まりやさんにとって旦那よりも重要な出会いがあります。
ハード・デイズ・ナイト DVD ハード・デイズ・ナイト

販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2001/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

A Hard Day's Night − ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! Music A Hard Day's Night − ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:東芝EMI
発売日:1998/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

A Hard Day's Nightで全てがひっくり返ったようです。

平行して加山雄三&ランチャーズのファンになります。

ブラック・サンド・ビーチ/加山雄三 with ランチャーズ Music ブラック・サンド・ビーチ/加山雄三 with ランチャーズ

アーティスト:加山雄三withランチャーズ
販売元:ドリーミュージック
発売日:2002/05/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、突然カンツォーネに目覚めるとか、ここら辺は旦那さんと同じようです。

中学生になるとGS全盛期だったようですが、ランチャーズ以外はあまり興味がなかったようです(タイガース特に沢田研二LOVEだった“同じ年”の太田裕美さんと違いますね)。

OASY王国(紙ジャケット仕様) Music OASY王国(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ザ・ランチャーズ
販売元:東芝EMI
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フリー・アソシエイション(紙ジャケット仕様) Music フリー・アソシエイション(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ザ・ランチャーズ
販売元:東芝EMI
発売日:2003/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラジオから流れてくるビルボードのヒット・チャートものを節操も無く聴いたとのこと。
やはり、若い頃はいろいろ聴くのがいいようです。

◆1970年~1974年:高校時代~アメリカ留学
島根県立大社高等学校に入学すると、そもそもヒット・チャート人間ですから

つづれおり Music つづれおり

アーティスト:キャロル・キング
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スウィート・ベイビー・ジェイムス Music スウィート・ベイビー・ジェイムス

アーティスト:ジェームス・テイラー
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:1997/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

青春の光と影 Music 青春の光と影

アーティスト:ジョニ・ミッチェル
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:1998/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

といった当時流行のシンガー&ソングライターに傾倒することになります。
小学校時代にクラシック・ピアノを習っていたのですが、コード弾きのポップス・ピアノを憶えて“単純にヘラヘラ歌っていた”そうです。
最初に組んだバンドは、赤い鳥のようなバンドだそうです。

CD選書 ベスト「翼をください」 Music CD選書 ベスト「翼をください」

アーティスト:赤い鳥
販売元:ポリスター
発売日:1995/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高校3年のとき、AFS交換留学生としてアメリカのイリノイ州ロックフォーズ・タウンシップ・ハイスクールに留学します。

パーフェクト・ヒッツ1971〜2001 Music パーフェクト・ヒッツ1971〜2001

アーティスト:ザ・イーグルス
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:2001/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グレイテスト・ヒッツ Music グレイテスト・ヒッツ

アーティスト:ドゥービー・ブラザーズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2001/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノー・シークレッツ Music ノー・シークレッツ

アーティスト:カーリー・サイモン
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:1997/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を始め、ヒット曲のシングルを買い捲ったそうです。
(カーリー・サイモンの風貌ってデビュー当時のまりやさんみたい!パックた?)
留学先で人前で一芸をやらされるハメになって、みんなに“いい声”だと誉められ、パフォーマーに目覚めます。
大学に行ったら本格的にバンドをやろうと決心します。

◆1974年~1978年:大学時代~デビュー直前
慶応大学文学部英米文学科に入学、上京します。
新入生歓迎会で、どのクラブに入ろうか考えていましたが、音楽系はハード・ロック研究会みたいなものばかり。
そこで、リアル・マッコイズという音楽サークルに加入することになります。
いわゆるソフト・ロックのサークルでした。あの杉真理さんのバンド《ピープル》でコーラス&オルガンを担当することになります。
で、大学3年生のとき、杉さんがデビューすることになります。
まりやさんと安部恭弘さんがコーラスで参加することになり、ビクターのスタジオに行くことになります。そこで知り合った杉さんの宣伝担当だった川原伸司さんが仲介となって、アワー・ハウスのプロデューサーさんと出会うという訳です(川原さんと杉さんは、大学の先輩後輩だけではなく、ポール・マッカートニーオタク同士という深い間柄でした)。
以後のことは、nov46sさんのブログが詳しいと思います!

« 都倉俊一時代の終焉。その2 | トップページ | 青春歌年鑑 1978/1979 »