無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 手塚治虫とアニメ | トップページ | 富野喜幸とアニメ »

2006年4月 2日 (日)

歌の贈りもの/ブルース・ジョンストン

File0182

歌の贈りもの(紙ジャケット仕様) Music 歌の贈りもの(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ブルース・ジョンストン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1.歌の贈り物 I Write the Songs
2.ディードリー Deirdre
3.サンキュー・ベイビー Thank You Baby
4.2人のランデヴー Rendezvous
5.夢のパートナー Won't Somebody Dance With Me
6.ディズニー・ガール Disney Girls
7.ロックン・ロール・サヴァイヴァー Rock and Roll Survivor
8.怖がらないで Don't Be Scared
9.パイプライン Pipeline
10.パイプライン(シングル・バージョン)
11.パイプライン(12inchディスコ・バージョン)

3月24日発売なのに、誰も採り上げないの?
早いモン勝ち!ってなことでやりましょう。

ブルース・ジョンストンが何者かって一応説明しないとダメなのかな?
今回、私と同年代のプロである土橋さんが解説を書かれているので、買ってね!
↑紙ジャケの帯が1977年当時のものでしょ。
CD時代になって、私は嫌だね。で、今後は皆ダウンロードでしょ。音楽を楽しむのは、ジャケまで含めるんだけどね。

内容は、いいよぉ!
1曲目の《I Write the Songs》は、やはり名曲です。

エッセンシャル・バリー・マニロウ Music エッセンシャル・バリー・マニロウ

アーティスト:バリー・マニロウ
販売元:BMGファンハウス
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私は、元々バリー・マニロウで知ったんですが、彼のver.はもう記憶にないですね。

2曲目のDeirdreは、

Sunflower/Surf's Up Music Sunflower/Surf's Up

アーティスト:The Beach Boys
販売元:Emi
発売日:2001/08/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

よりも、ブルースver.の方が好きです。
Disney Girlsは、微妙ですね。私は、The Beach Boys ver.の方が好きです。

Rendezvousなんかは、ランデ、ランデ、ランデ、ランデブーって1回聴いただけで歌えちゃうくらい、キャッチーですよ。“何で、何で、何で、ナンデヤネン”って、作りたくなりますよね。誰か作ったのかな(笑)。こういうのがポップスだと思います。

ホントにいい曲ばっかりなので、
1枚は、所有すべきアルバムだと思います。
そもそもアルバムに捨て曲があるなんて、とんでもないんですよ。
捨て曲を収録するくらいなら、シングルだけにすればボロが出ないんだから。。。

あと、パイプラインについて文句言うオールディーズファンに言いたいんですが、これはこの時代の音なんですから、貴重な資料だと思いますけどね。
もう、こんな音すら作れないのでは。。。それを含めてオールディーズと思いますけど。

【追記】
http://blog.goo.ne.jp/miya-jun_1968/e/93d119714ee7bd09fe9eaf90a06fd3f4
http://blog.goo.ne.jp/miya-jun_1968/e/3cbf278765764145d28165338b197926
↑やはり、半ちゃんですね。

« 手塚治虫とアニメ | トップページ | 富野喜幸とアニメ »