無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 月刊ミュージック・ステディ | トップページ | 竹内まりやがアイドルだった頃。 »

2006年4月18日 (火)

細野晴臣のプロデューサー論・その1

晴れ。最高気温23℃降水確率0%

File0187 今月のオフ会の日取りも決まったようで、さて今月は何を話すのかな?となりまして、多分サンボマスターなのかな?
私は、DAISY HOLIDAY!での細野×鈴木(惣)から、再びプロデューサーとは?という主題が気になりました。
実は、若い頃、音楽プロデューサーという職業に付きたいと思っていまして、それなりに勉強はしました(焼津半次さんは、どうやらDJになりたかったようです)。
今、もう一度細野さんのプロデューサー論を読み直してみて、さてどんなものかと考え直してみたいと思います。

この本は、奥付によると昭和54年8月25日発行日となってます。この頃は、西暦で表記する人は稀でしたね。私は昭和が終わったときに、すべて西暦表記に改めました。
で、この本は《ぼくが語ろう・シリーズ》の第3巻目にあたり、680円となってます。私は神保町の古本屋で100円で入手しました。
《ぼくが語ろう・シリーズ》は、以下のようなラインアップになってます。
①ミュージシャンをめざすキミへ(井上堯之)
②ミキサーはアーティストだ!(吉野金次)
③レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす(細野晴臣)
④レコード・ディレクターは個性がキメ手だ(高久光雄)
以下、当時未刊として、
音楽評論家を小倉エージ
放送作家を奥山侊伸
TVディレクターを細野邦彦
イラストレーターを小林泰彦
編集者を高橋章子
カメラマンを浅井慎平、各氏が担当されたようですが、実際出版されたか否かは知りません。
編集者を高橋章子さんが担当されているのなど、時代を感じさせますね。
ちなみに、小林泰彦さんは小林信彦さんの弟さんです。
吉金さんのミキサー論と高久さんのレコード・ディレクター論も読んでみたいですね。

« 月刊ミュージック・ステディ | トップページ | 竹内まりやがアイドルだった頃。 »