無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« 私にとっての“劇伴”その1。 | トップページ | 私にとっての“劇伴”その3。 »

2006年5月 9日 (火)

私にとっての“劇伴”その2。

くもり 時々 晴れ。 最高気温 20℃降水確率20%
File0196 

GO CINEMANIA REEL 1 パンチ・ザ・ガイ Music GO CINEMANIA REEL 1 パンチ・ザ・ガイ

アーティスト:高波敬太郎(監修),小林旭
販売元:ポリスター
発売日:2000/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1.「野獣死すべし」~Wolf Should Die
2.「パンチ野郎」~Fight or Fright ~ Punch Fellows
3.「野獣死すべし 復讐のメカニック」~Round midnight ~ Rhapsody in Blue
4.「野郎に国境はない」~無国籍者の唄(歌:小林旭)
5.「野獣狩り」~Hunting Wolves
6.「パンチ野郎」~Claudia
7.「パンチ野郎」~僕の恋人どこにいる(歌:黒沢年男)
8.「月曜日のユカ」~Afternoon Delight(Scat Singing)~ Delight Skip
9.「栄光への反逆」~Resistance
10.「暗黒街撃滅命令」~Ballad for the Killer ~ Fight for Justice
11.「吼えろ脱獄囚」~白い舗道のブルース(歌:トミー藤山)
12.「野獣狩り」~July
13.「顔役暁に死す」~a.m.Dawn
14.「ある恋の物語」~私もうイヤよ(歌:坂本スミ子)
15.「月曜日のユカ」~Mission Proposal
16.「野獣狩り」~Hardboild
17.「野郎に国境はない」~Lovely Diamond
18.「100発100中」~100発100中(歌:布施明)
19.「野獣死すべし 復讐のメカニック」~Magnificent Wolf
20.「狙撃」~Scat Singing ~ Pray in vain ~ in the Mood
21.「野獣狩り」~Last Hunter
22.「暗黒街撃滅命令」~愛の砂漠(歌:アイ・ジョージ)
23.「パンチ野郎」~Spellbound
24.「豹は走った」~Get Satisfied
25.「情け無用の罠」~Rainy Day
26.「拳銃無頼帖 明日なき男」~明日なき男(歌:赤木圭一郎)
27.「国際秘密警察 火薬の樽」~Last Session(選曲・監修/高浪敬太郎)

« 私にとっての“劇伴”その1。 | トップページ | 私にとっての“劇伴”その3。 »