無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« エイケン受験するかも | トップページ | 1980年の乱 »

2006年5月 3日 (水)

BSアニメ夜話「ヤッターマン」

晴れ。最高気温19℃降水確率10%
5/2 23:00 - 23:55
衛星第二
バラエティー

BSアニメ夜話◇日本のアニメーションの魅力を徹底的に語り合う3回シリーズ。毎回1作品を取り上げ、その制作にかかわった人物や独自の視点を持つ評論家らが作品の魅力を熱く語る。また「アニメマエストロ」では、アニメ評論家の氷川竜介氏がアニメ制作の技術面のノウハウや裏話を解説する。1回目は「ヤッターマン」。同作品は「タイムボカンシリーズ」の2作目として、1977年から2年間放送された。"ストーリーギャグアニメ"という新たなジャンルを確立させた名作を取り上げ、懐かしのギャグやキャラクターの魅力などを伝える。
出演者:松村邦洋,唐沢俊一,岡田斗司夫,山本正之,氷川竜介,中川翔子,里匠 

ヤッターマン DVD-BOX1

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ヤッターマン DVD-BOX 2

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ヤッターマン DVD-BOX3

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
タイムボカン・シリーズ ヤッターマン オリジナル・サウンドトラック Music タイムボカン・シリーズ ヤッターマン オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ,山本正之,小原乃梨子,八奈見乗児,たてかべ和也
販売元:キングレコード
発売日:2005/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

http://www.nhk.or.jp/manga/
そういえば、BSマンガ夜話は、もう1年も放送されてないんですねぇ。

“ヤッターマン”とは、フジテレビで1977年1月1日から1979年1月27日まで毎週土曜夜6時30分~7時00分に全108話放映された番組です。

作品的には、完全なドタバタギャグアニメです。「もしかして」「もしかすると」「もしかするわ」で始まり、
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない」
「やっておしまい」「アラホラサッサー」
「今週のハイライト!」「ポチっとな」
「全国の女子高生のミナサマ」「このスカポンタン!」
「今週のビックリドッキリメカ、発進!」
「説明しよう」「ブタもおだてりゃ木に登る」
「どかーん(ドクロ印の爆風)」
「勝利のポーズ!ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!」
「おしおきだべぇ~」
だけで、全て説明できる超ワンパターン番組でした。

« エイケン受験するかも | トップページ | 1980年の乱 »