無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

« オーケストラの少女 | トップページ | ヘルシー・ヌッキーズ »

2006年6月25日 (日)

ゴーゴーナイアガラ・アーカイブス2002年2月10日放送

くもり。最高気温26℃ 降水確率10%
[アイスクリーム指数:70]

文献を探すために、家の倉庫を点検してみたら、昔録音した大瀧詠一さんのラジオ番組がギャンギャン出てきました。
もう一度聴きたかった船村徹さん・遠藤実さん・星野哲郎さんとの対談(ニッポン放送2002年1月2日~4日)と、ゴーゴーナイアガラ・アーカイブスも出てきました。

2002年2月10日に再放送されたところのナイアガラCMスペシャル(本放送♯93・1977年3月21日on air)が出てきました。
ゲストが大森昭男さん・伊藤アキラさん・牧村憲一さんでした。
File0207

Music NIAGARA CM SPECIAL

アーティスト:大瀧詠一
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:1995/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する


内容的には、1977年当時に4年前のウラ話をするというもので、未発表ヴァージョンと未発表曲多数流しました。
番組中、大森さんが「ね、最近コカコーラ色々と大変ですけど・・・」との発言は、“毒入りコーラ”が流行したことを意味しているのかなと思いますし、牧村さんが「吉田拓郎選手・大瀧選手」と呼ばれているのが時代を感じますネ。
確か、子供の頃相手を“~さん”というよりも“~選手”と呼んでいたような記憶があります。当時流行りだったんですかねぇ?

未発表ヴァージョンと未発表曲の変遷に、大瀧さんが色々実験されて曲作りされたのが分かります。
曲作りに関して、作詞が先だとしても、数字を指定して伊藤アキラさんに依頼していたんですね。
5文字と7文字とか・・・なるほどねぇ。(♪あのコやらしやインラン娘~)
伊藤アキラさんは、私は渡辺真知子さんの作詞家で当時記憶してます。
2000 BEST Music 2000 BEST

アーティスト:渡辺真知子
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2000/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する



大瀧さんのCM出演という“6年越しの冗談”は、牧村さんのアイディアだったんですね。

で、今回聴き直してみて“そうか!”と思ったのが、資生堂サマー・ローションのディレクターが杉山登志さんだったということです。
サマー・ローションは73年4月制作だったそうで、杉山さんは73年12月13日に亡くなっているので合っているんですネ。
大瀧さんのサマー・ローションは、ジャン&ディーンのサウンドをエルヴィスが歌ったらというものですが、杉山さんとコンビを組まれていた桜井順さんのサウンドとも違和感のない仕上がりになっていると思います。
というか、作詞が杉山登志さんですネ。
今、CMスペシャルのクレジット観て気付きましたよん。
ということは、桜井順さんの後任として大瀧さんが選ばれたということでしょうね。
ま、大瀧さんのボーカルが問題だった、と昔あって今は諸般の都合で閲覧不可の“あるブログ”にありました。

このように以前から“情報”として入ってきているんですけど、頭が処理できないと記憶として残らないようです。

« オーケストラの少女 | トップページ | ヘルシー・ヌッキーズ »