無料ブログはココログ

極私的音楽夜話68-06の旅

  • nov46sさん
    過去のことより現在の方が面白くありたい

Once a week 繋がる音楽

haruomi hosono:quiet voice

ティン・パン・アレーのSIDEWAYS

  • tinpan1973さん
    本物や宝物は、いつだってメイン・ストリートからちょっと入ったところにある。

鳥肌音楽 Chicken Skin Music

amazon大好き

  • ひらぼうさん
    自分が買ってよかったもの、大好きなものを紹介したいです! それから欲しいものもね!!

AFTER THE GOLD RUSH

  • nyarome007さん
    60~70年代の音楽をBGMに日々の徒然を書き綴る。

江戸門弾鉄のSMALL TOWN TALK

振り逃げプロ野球

  • red hotさん
    アテネオリンピック野球日本代表の一件以来、プロ野球界に対する不信感をつのらせる者のブログ

うさぎ通信

  • うさぎさん
    ハワイの動物園でとりました。 こんなに近くでみれるんですよー。

アンナdiary

  • アンナさん
    テレビ・ドラマ・映画・TAKUYA好きなことを思いのままに。。。

すりこ木日記

  • 焼津半次さん
    がんばれ!30代。 中小企業勤務のサラリーマン 焼津半次が 最近の出来事から、過去の出来事までを語ります。

When My Blog Turns To Gold Again

信濃路をゆく

江利チエミファンのひとりごと

  • う--でぶさん
    江利チエミという素晴らしい歌手がいた...ということ。  ただただそれを伝えたい...という趣旨のページです。

PET SOUNDS RECORDS

ken's blog

洞口依子の独り言

飯島愛のポルノ・ホスピタル

株式会社フジパシフィック音楽出版

  • 朝妻一郎さん
    音楽には著作権があります。音楽出版社は著作権者です。 音楽出版社は著作権を管理します。

音・粋・人

ブログであそぼ。

2006年10月20日 (金)

克也さんは70年代の人?

晴れ 時々 くもり。最高気温 23℃ 降水確率:0%

■ OPENING
FREE「All Right Now」
■ HOT MENU
CHAM f/ALICIA KEYS「Ghetto Story Chapter2」
■ STAR OF THE WEEK
CASSIE「Me & U」
■ TIME MACHINE 1
IKE & TINA TURNER「Proud Mary」
■ TIME MACHINE 2
CARPENTERS(1976 O.A.)「Top Of The World」
■ REQUEST
PETER CETERA「Glory Of Love」

Live at the BBC Music Live at the BBC

アーティスト:Free
販売元:Island
発売日:2006/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD フォーエヴァー

販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

確か、ピーター・バラカンがまだロンドンに居た頃、近所の楽器店でフリーのポール・コゾフが練習しているのを何度か目撃しているというお話をラジオで聴いた覚えがあります。
まだ、フリーを結成する前かな?
ポール・コゾフ (PAUL KOSSOFF)1950年9月14日生まれ。
ピーター・バラカン(Peter Barakan)1951年8月20日生まれ。
同年代だよね。

ちなみに、私の場合、寺田恵子さんが近所の楽器店のスタジオで練習しておりました。
多分、まだデビュー前のSHOW-YAだったと思います。

しかし、番組中わざわざAll Right Nowを当時のヒット曲と説明しないといけないとは・・・
こんなメジャーな曲を?こりゃ、私の基準でした(汗)。

今回、克也さんが外タレ目撃情報が結構ありまして、すべて70年代初期のお話でした。フリーが日本に来たとき、赤坂に唯一あったビブロス?というディスコに来店してR&Bばっかり聴いていたそうです。
ベストヒットUSAでは、80年代半ばにロンドンでポール・ロジャースにインタビューしたことがあるそうです。

ゲットー・ストーリー(初回限定盤) Music ゲットー・ストーリー(初回限定盤)

アーティスト:シャム,マジック・マッセイ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元Baby ChamのCham(ややこしい!)のインタビューです。
成長したからBabyを取ったそうですが、女性の前ではいまだにBabyだそうです。
それって、“赤ちゃんプレイ”?

彼はゲットー出身だそうです。でも、アメリカ合衆国においては主にアフリカン・アメリカン(黒人)の居住区をゲットーと呼ぶようで、別に彼がユダヤ人ではないようです。

でも、私はアリシア・キーズの歌声の方が印象に残ります。

キャシー(初回限定盤) Music キャシー(初回限定盤)

アーティスト:キャシー
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/10/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新人なのに、イキナリ売れたキャシーです。
マネージャーが、マライヤ・キャリーとかジェニファー・ロペスを売り出したトミー・モットーラという人物だそうです。
このトミー・モットーラが“目を付けると、必ず売れる”というジンクスがあるそうです。

インタビューの受け応えの“声”を聞いて、まだ子供みたいな声だと思ったら、キャシー(本名:Casandra Ventura)1986年8月26日生まれだそうです。
アメリカで20歳でデビューなら、“アイドル歌手”ですね。

Proud Mary: The Best of Ike & Tina Turner Music Proud Mary: The Best of Ike & Tina Turner

アーティスト:Ike & Tina Turner
販売元:EMI
発売日:1991/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD ライヴ・イン’71

販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2005/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回、一番楽しかったのはアイク&ティナ・ターナーでした。
上記の最近の黒人歌手たちが“去勢”(女性も居るけど)されたようにしか思えないほどの弾け振り!
またまた、克也さんの目撃情報?
1970年前後、赤坂のムゲン?というクラブで、アイク&ティナ・ターナーが1ヶ月(!)以上出演していたそうです。
そこで、空手?の振りを覚えたのかな?

バックのお姉ちゃんたちも凄いよね。
パンツ丸見えで踊っているんですから・・・
そういえば、ティナはパンツも穿かずに、ミニスカートで踊っていたそうですので、舞台に近いお客は真っ黒なモノを観たという都市伝説?がありました。

1976年10月15日にデュオ解散&離婚だそうです。

リメンバー・ザ・カーペンターズ~クロウス・トゥ・ユー~ DVD リメンバー・ザ・カーペンターズ~クロウス・トゥ・ユー~

販売元:日本クラウン
発売日:2004/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD イエスタデイ・ワンス・モア

販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2001/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リチャード・カーペンターは、1946年10月15日生まれだそうです。
赤いちゃんちゃんこを着るのでしょうか?

克也さんも「皆さん、ちゃんと歌えましたか?」と言ってました。
ホントに有名な曲ですね。

私が山下“クマ”達郎が苦手な理由が、カーペンターズに対する認識の違いなんですよね。
彼が、サタソンだったかな?番組開始の放送で、「オールディーズ専門プログラムですけど、カーペンターズのようなものはかけません」とか公言したのが“ケツメド”狭い男だなと感じました。
私は、やはり公的立場に(権力や権威が強く)なれば偏りがなくポップスの歴史をキチンと語るべきだと思いますので、タツローのようなやり方には賛成しかねます。
つまり、偉くなれば語るべき“通説”というのは、キチンと講義しないといけません。
たとえ、それが自分の与しない立場としても・・・
それだけ、人前しかも当時を知らない若い人々に対して、“教育”が出来る立場にある者の責任は重いと思ってます。影響力の強い人間が語るのは、それだけしっかりした歴史観や比較観を持たないといけないでしょう。

Glory of Love: Live
Peter Cetera
Pegasus

このアイテムの詳細を見る

私は、影響力の無い人間なので、ピーター・セテラの曲は、詰んないと言っても許されるでしょう(汗)。
85年くらいの曲なのですけど、この頃からヒットしても詰んないバラードが多くなってきた感じがします。

2006年10月 6日 (金)

NYからの二発目!

雨。最高気温 23℃ 降水確率:100%

■ OPENING
THE RAMONES「Blitzkrieg Bop」「Pinhead」
■ STAR OF THE WEEK 1
GNARLS BARKLEY「Crazy」
■ TIME MACHINE
PINK FLOYD「Brain Damage」「Eclipse」
■ STAR OF THE WEEK 2
KASABIAN「Empire」
■ REQUEST
BLONDIE「In The Flesh」

お寒うござんす。
今週は、NYのCBGBからの中継です。
一曲目からラモーンズですよん!
最近、ドイツ語ばっかり読んでいるので、Blitzkriegなんて単語に反応してしまいます。

Ramones Music Ramones

アーティスト:The Ramones
販売元:Rhino
発売日:2001/06/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

珍しく、半ちゃんがラモーンズを語ってられます。
http://dreamisland.seesaa.net/article/23144486.html
ラモーンズのお陰で、古臭いポップなメロディでも時代のサウンドによって、今の若いリスナーに贈り届けることができると思いました。
大瀧さんもJDサウザーによって、ロイ・オービソンを(その当時の)“今”にソング・リサイクルできると気付かれたと思います。
それがあのロン・バケですよ。
細野さんも書かれているけど、大瀧さんは天才なんですよね。
だから、普通の人と同じに扱ってはいけないんです。
天才はワガママでキ○ガイでいいんです(笑)!

St. Elsewhere Music St. Elsewhere

アーティスト:Gnarls Barkley
販売元:WEA
発売日:2006/05/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

セント・エルスホエア(初回限定盤) Music セント・エルスホエア(初回限定盤)

アーティスト:ナールズ・バークレイ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

と言う訳でキ○ガイ!
これ最近の曲では、凄い出来じゃないでしょうか?
昔のメロディぽいのですけど、今のサウンドで・・・
こういう曲が売れているのは、良いですね。

さて、PINK FLOYD・・・・・
なんだ聞きやすいじゃないの!
ちと聴かず嫌いだったかな?

驚異 DVD 驚異

販売元:Sony Music Direct
発売日:2006/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

確か、red hot嬢が専門だったかな?

エンパイア Music エンパイア

アーティスト:カサビアン
販売元:BMG JAPAN
発売日:2006/09/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは、私にとって面白くないな・・・・
スルー!

CBGBの大スターといえば、
ラモーンズとブロンディ!
最近、私はブロンディの大ファンということをカミングアウトしてます(笑)。
「愛してほしい」は、60sだよね(笑)。

シービージービーズ〜ブリッツクレイグ・バプ〜 DVD シービージービーズ〜ブリッツクレイグ・バプ〜

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2001/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NYのCBGBは、今月で閉店し、ラスベガスへ行くようです。
まるで、マイケル・コルレオーネだね。

2006年9月26日 (火)

忌野清志郎ThisTime・海外Rec&ライブ

くもり のち 雨。最高気温 22℃ 降水確率:30% 
[ビール指数:50][アイスクリーム指数:50]


9/26 02:35 - 03:35
[8] フジテレビ
音楽
忌野清志郎 !!!

2006年5月・・・
清志郎が、
かつて名盤「メンフィス」を共に創りあげた親友スティーブ・クロッパーらと共に、新作アルバムをナッシュビルでレコーディング!!

メンバーは・・・・・・
スティーブ・クロッパー
「ブルースブラザーズ」でおなじみのR&Bギタリストの巨匠!
ジム・ホーン
エルトン・ジョン,ケニー・ロジャースやビートルズの各メンバー他、多数トップミュージシャンとのツアーやレコーディング等の活動歴を持つ伝説のサックスプレーヤー!
ウェイン・ジャクソン
ホーンセクションによるバンド、「メンフィスホーンズ」の中心人物。
モダン・メンフィスR&B/ブルース界の影の主役!
などなど、他にも超大物ミュージシャンが参加!

当番組では、アメリカ・ナッシュビルで行われるこのレコーディングに密着し、
日米の神的ミュージシャンたちが織り成すクリエイティブな空間の魅力を余すところ無く放送!

さらに!
「忌野清志郎による曲つくりの魅力」
といったテーマで、超豪華ミュージシャン陣のコメントを収録!!
頂点を極めた者同士ならではの、魅力あふれるインタビューとなる事は必至!

日本ロック界の“GOD”=忌野清志郎
ビッグ・アーティストながら、その座にあぐらをかくことなく、アグレッシヴな姿勢を貫き続ける・・・

そんな日本が誇るスーパーロックスターの魅力を、余す所なく放送!!
■プロデューサー
 黒木彰一

■構成
 高須光聖
 住田ひろ志

■演出
 印田弘幸(バラエティー制作センター)

■ディレクター
 太田 旬(バラエティー制作センター)
 

夢助 Music 夢助

アーティスト:忌野清志郎
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2006/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナンカ今こういうアルバム制作の裏側を見せられると、とても参考になります。
ところで、番組スタッフは細野さんのDVDと同じです。
どうしてもスタッフに目が行くわ・た・し。
これも将来完全版としてDVD化(笑)。

2006年8月15日 (火)

布袋寅泰のルーツ・オブ・ヒズ・ミュージック

くもり 時々 雨。最高気温 29℃ 降水確率:40%
[ビール指数:80]
[アイスクリーム指数:80]

最近、

音楽誌が書かないJポップ批評 (43) Book 音楽誌が書かないJポップ批評 (43)

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑このようなムック本が出版されてます。
BOØWY
以前、日本ロック史はBOØWYから始まるという表現を見たりしました。
私なんぞはホンマかいな?と思ってますし、私の仲間も同意見だと思います。

そんなこともあり、BOØWYというバンドの音楽的支柱であった布袋寅泰という人のルーツを知りたいなと思っていたところ、フジテレビ“めざにゅ~”月曜日ルーツ・オブ・マイ・ミュージックで採り上げていたので、布袋さんの音楽的背景が理解できました。

布袋さんは、1962年群馬県高崎市出身だそうです。
う--でぶさんより若く、SIDEWAYSさんとは誤差の範囲内。
というか、私にとっては下の小山田圭吾くんとの年の差が、上になると布袋さんになるくらいです(ちょっと分かり難い?)。
つまり、SIDEWAYSさんは同年代、長い目で見ると私も同世代ですかねぇ。

布袋さんがロックに目覚める前には、天地真理さん等歌謡曲のシングルを買っていたそうです(結構、お金持ちだったのかしら?)。
どういう経緯か判らないですけど、ビートルズ等ブリティッシュ・ロックを聴くようになったそうです。
で、当時のブリティッシュ・ロックは、グラム・ロックの時代だったという訳です。
一番影響を受けたのが、
アラジン・セイン Music アラジン・セイン

アーティスト:デヴィッド・ボウイ
販売元:東芝EMI
発売日:1999/09/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とのこと。
BOØWYとはボウイだったんですね。

Best of Bowie (2pc) DVD Best of Bowie (2pc)

発売日:2002/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

布袋さんがギターを弾くキッカケが

T.REX―素顔のマーク・ボラン Book T.REX―素顔のマーク・ボラン

著者:SOLID COMPANY,キャロン ウィランス,ダニエルズ,Danielz
販売元:PARCO
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑この写真だそうです。
この恍惚の表情の原因がギターを弾いているからだと思って、14歳でギターを弾き始めます。
布袋さんがギターを弾き始めてまもなくブリティッシュ・ロックは次の時代を向かえます。

Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols Music Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols

アーティスト:Sex Pistols
販売元:Virgin
発売日:1986/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

つまり、布袋さんのルーツはグラムロックとパンクロックだった訳です。
その時代、普通に洋楽を聴いていれば、素直にその音楽の影響を受けたというのが判ります。
また、ツェッペリンとかパープルじゃないというのも特徴でしょうね。

BOØWYは1982年デビュー、1983年頃からファン数が拡大したそうです。
でも、私自身まったく彼らの洗礼をタッチの差で受けていません。
もうこの頃は、洋楽しかも“大瀧ゼミ”受講生だったので60年代ばっかりでしたし、ロックといえばビートルズ・ストーンズ・ツェッペリン・パープル等でした。もちろん邦楽は、はつぴぃえんどにドップリでした。
だから、パンクロックのお世話になることはなかったのです。

しかし、私より5歳下になると初めて出会った音楽がBOØWYだったりするんでしょうね。
パンクロックがベースなんだけど、グラムロックを加味したルックス重視というのは、影響受けない方が変でしょうからね。
最初に紹介した『音楽誌が書かないJポップ批評 (43)』でも、それ以前の日本ロック(つまり“はっぴい系”)と違いBOØWYはルックスが良かったと書かれていたと思います(立ち読みだったのでうる覚え)。
もちろん、佐野元春なんかはルックスは良かったと思います(タツロー比)。でも元春は、Eストリートバンドのパクリだった訳だから音的には少し古いんですよね。
やっぱり、毎日朝立ちするようなエネルギーがあった野郎には、もっと刺激のある音が欲しいのです。
だから、 BOØWYがウケタんでしょう。

ところで今回面白いブログを発見しました。
http://modernpop.jugem.jp/
↑布袋さんで音楽に目覚めた方のブログです。
しかし、このブログ管理人さんのHNは“niagara”さんです!
元々布袋ファンで大滝ファンを兼ねるのは一般的か否かわかりませんが、少なくとも元々大滝ファンで布袋ファンな人は見たことありません。
全く水と油でしょう???
ま、布袋⇒山下久美子⇒元春⇒大滝って繋がりは考えられますけど・・・

とにかく大滝さんを知る経緯が“なるほど”と納得するものであるならば、コンタクトを取りたいなと思います。
そして“ビーセク”にスカウトしてみたいです。
作編曲・ギター演奏が出来るそうなので・・・
nov46sさん宜しいでしょうか?

2006年8月12日 (土)

ヤマトが二夜連続放送。

http://www.youtube.com/watch?v=ZKHv8ukaeY4
キックの鬼
↑いいよね。この朴訥とした歌が・・・
http://www.youtube.com/watch?v=C1iSFEnIqPM
一休さん
↑これが宇野誠一郎先生の作曲だとは・・・
なんか平凡ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=SXBaxsKeh0w

宇宙戦艦ヤマト2-OP
http://www.youtube.com/watch?v=fyKViW38nIM

宇宙戦艦ヤマト3-OP

ヤマトといえば、ナント言っても“デスラー総統”ですね。
伊武さんの出世作と断言しても決して間違いではありません。
その次がスネークマン?
http://www.youtube.com/watch?v=JDwB0cS49dY
未来少年コナン
http://www.youtube.com/watch?v=o-EKKfcYN6A
未来少年コナン  幸せの予感

↑伊武さんのナレーションが、リアルタイム時“大笑い”でした。
なんかヤマトのパロディみたいで・・・
ナレーション⇒オープニング曲は、第一話のみです。
したがって、第一話の映像をアップしていると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=RW01ChHsksc
さるとびエッちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=PnrhrcCByuo
さるとびed
http://www.youtube.com/watch?v=yw7EkQZQOms
夜霧のハニー

たまには、新しい音楽も聴くのよん。

くもり のち一時 雨。最高気温 30℃ 降水確率:10%
[ビール指数:80]
[アイスクリーム指数:80]

■ OPENING
KT TUNSTALL「Black Horse and The Cherry Tree」
■ STAR OF THE WEEK
DMC f/SARAH McLACHLAN「Just Like Me」
■ TIME MACHINE
EXPOSE「Seasons Change」
THE ISLEY BROTHERS「Summer Breeze」
■ REQUEST
ROD STEWART「Sailing」


アイ・トゥ・ザ・テレスコープ Music アイ・トゥ・ザ・テレスコープ

アーティスト:ケイティータンストール
販売元:東芝EMI
発売日:2006/04/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Eye to the Telescope Music Eye to the Telescope

アーティスト:KT Tunstall
販売元:Virgin/Relentless/EMI
発売日:2006/02/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1. Other Side Of The World
2. Another Place To Fall
3. Under The Weather
4. Black Horse and the Cherry Tree
5. Miniature Disasters
6. Silent Sea
7. Universe&U
8. False Alarm
9. Suddenly I See
10. Stoppin’ The Love
11. Heal Over
12. Through The Dark 他 ※〈CDエクストラ〉

チェックス・サグス&ロックンロール(初回生産限定) Music チェックス・サグス&ロックンロール(初回生産限定)

アーティスト:DMC,エリオット・イーストン&ジョシュ・トッド,サラ・マクラクラン,ダグ・E・フレッシュ,キッド・ロック,タル・B&ゲイリー・ダーダン
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1. ウォッチタワー(feat.エリオット・イーストン&ジョシュ・トッド)
2. フリーキー・チック
3. ジャスト・ライク・ミー(feat.サラ・マクラクラン)
4. ラヴィ・ダヴィ(feat.ダグ・E・フレッシュ)
5. ファインド・マイ・ウェイ(feat.キッド・ロック)
6. マシン・ガン(feat.タル・B&ゲイリー・ダーダン)
7. コールド(feat.ミス・ジェイド&ソニー・ブラック)
8. ホワッツ・ロング(feat.ナポレオン)
9. キャデラック・カーズ
10. オンリー・ゴッド・ノウズ
11. カム・トゥゲザー(feat.レヴ・ラン)
12. サッカ・サッカ
13. グッドバイ(feat.リル・ミッツォ)
14. ミッシン・マイ・フレンド

Unappreciated Music Unappreciated

アーティスト:Cherish
販売元:Capitol
発売日:2006/08/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンアプリーシエイティッド Music アンアプリーシエイティッド

アーティスト:チェリッシュ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1. ザット・ボーイ
2. ドゥ・イット・トゥ・イット
3. ジェヴィー
4. アンアプリーシエイティッド
5. テイクン
6. ストップ・コーリング・ミー
7. ウー
8. チック・ライク・ミー
9. ホエンエヴァー
10. ショウ・アンド・テル
11. フール・フォー・ユー
12. モーメント・イン・タイム
13. ヒー・セッド、シー・セッド

今、私の音楽情報源は、細野さんのラジオと克也さんのテレビのみです(汗)。
とにかく、自分にとって年長者がMCをやってないと落ち着かないので・・・(苦笑)。

で、今週克也さんのテレビでフューチャリングされていた3組を採り上げようと思います。

まずは、KT Tunstallですけど、凄く良いです!
曲的には、Black Horse and the Cherry TreeのPVが放映されてました。
http://www.youtube.com/watch?v=uu7BasZwjDw
↑さすがですね。生演奏があります!
こういう日本人にはできない(発想的に)音楽に惹かれますね。
ホントに音楽的に“非国民”ですから(苦笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=eor-mHh8ww4
↑テンポが速すぎて、やり直してます(笑)。
I Want You Back なんて古典をカバーしてます!
やりますねぇ。

次に、チェリッシュですけど、日本にも同じ名前のデュオが居ましたね。
こちらは“黒いノーランズ”です(笑)。
ヒット・チャートを観察すると、アメリカも同じようなサウンドが蔓延ってます。
そんななかで、このチェリッシュDO IT TO IT
http://www.youtube.com/watch?v=Zxx_46z6FKk
のように無機質的な音は逆に新鮮に感じます。でも、逆にこのようなサウンドばっかりになるのも・・・
ある時点の流行りモノに対して、“新奇”なモノをブチ当てれば目立って浮き上がってしまうんですねぇ。

最後にDMCです。
http://www.youtube.com/watch?v=o7KD3iwZsEQ
↑ジャスト・ライク・ミー(feat.サラ・マクラクラン)
随分深刻な内容です。

もう20年前になるんでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=9AKaV911uJA
walk this way
ヒップホップを一躍メジャーにしたのは、もしかするとRUN-DMCだったのかもしれません。
その意味で彼らを“ヒップホップ界のビートルズ”という人も居るようです。
しかし、この20年不幸な出来事もあって、D.M.C.ことダリル・マクダニエルだけになってしまいました。
DMCは、今一番コラボしたいのはポール・マッカートニーと公言してますけど、今更ポールにとっては彼とコラボしても“ウマミ”がないように思います。 

視聴者のリクエストは
http://www.youtube.com/watch?v=iJeUqrnP1HA
でした。
最初と最後はスコットランドでしたね。

2006年7月31日 (月)

やはりビートたけしの世代です。

くもり 時々 晴れ。 最高気温 30℃ 降水確率:10%
 [アイスクリーム指数:70]
The Two Beats (Takeshi & Kiyoshi)
↑1981年だそうです。
Two Beat - THE MANZAI 1980.12

「ズームイン朝!」の ウィッキーさんの英会 話コーナーにたけし乱入

亀有ブラザーズ (北野ファンクラブ)
↑久しぶりに聞きました。
悶絶するくらい笑いました。
Takeshi Kitano sings bluesy rock to Kyoshiro Imawano guitars
↑こういう歌詞にブルーズを感じるのは私だけかしら?

たけし、小倉優子にマ ジギレ
↑やはり、さんまと違う。
たけしに言われた後の小倉優子の表情に注目。
小倉優子 コマネチ
↑たけしを思い出すから、嫌だったんじゃないの(笑)。

伝説のブリーフ4 part1 丹波邸 1/2
伝説のブリーフ4 part1 丹波邸 2/2
ブリーフ4とは、たけし、鶴瓶、今田、 東野のユニットです。
FNS27時間テレビ'03 中居・さんまの今夜も眠れない 鶴瓶ポロリ
↑オマケ

2006年7月29日 (土)

女性歌手あれこれ。

くもり 時々 晴れ。最高気温 31℃ 降水確率:10%
[アイスクリーム指数:70]

Hirota Mieko - Ningyo no Ie - Kouhaku Utagassen
↑やはり歌が上手いですなぁ。
このまま歌謡曲だけ歌っていたら良かったんですけどねぇ。
是非、ミコちゃんの全盛時代を聴いてほしいです。

ミコちゃんのヒット・キット・パレード Music ミコちゃんのヒット・キット・パレード

アーティスト:弘田三枝子
販売元:東芝EMI
発売日:2005/06/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑やはり、これはポップスファンなら所有しないとマズイでしょうね。
特に竹内まりやファンにとっては、弘田三枝子さんは必修課目ですから。

Shuri Eiko - Jet Saishyuubin (24th Kouhaku Utagassen)
↑2コーラス目の入り方が早かったですね。

究極のベスト! 朱里エイコ Music 究極のベスト! 朱里エイコ

アーティスト:朱里エイコ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Aoe Mina - 紅白歌合戦 (Isezakichou Blues - 1968)
↑いわゆる“喘ぎ声”をカズー?で代用しております。
NGだったんですかね、当時は。
でも、ここまでやると“悪意”としか思えませんな。

ちあきなおみ「夜へ急ぐ人」
↑確か、ちあきさん最後の紅白出演だと思います。
しかし、山川アナ失礼だよね(笑)。

「迷い道」渡辺真知子
↑珍しく音外してますね。
まだ、新人で紅白だったからかな?

Yamaguchi Momoe - Immitation Gold (28th Kouhaku Utagassen)
↑今ではあまり有名じゃない曲なのかな?

GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2 Music GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2

アーティスト:山口百恵
販売元:Sony Music Direct
発売日:2002/06/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも、百恵さんについて苦言を・・・
大瀧さんが作曲した“哀愁のコニー・アイランド”目当てでしょうけど

メビウス・ゲーム Music メビウス・ゲーム

アーティスト:山口百恵
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑こういう百恵史にとってどうでもいいアルバムが売れているのって・・・
何か若い音楽マニアって、メインストリートを押えてサイドウェイズに行っているのかね。
最初から、わき道ばっかり行っていると頭がオカシクなっちゃうよん。
中森明菜 - イミテイションゴールド
↑自他共に認める百恵後継者の明菜。
同じ曲で、歌比べ。
なるほどね。

Seiko Matsuda, Kyon Kyon & Akina Nakamori - Let's Go Young
↑横綱大鵬の土俵入りに、太刀持ち玉の海、露払い北の富士みたいなもんですか?
よく分かんないけど(苦笑)。
世代的に一番萌えるねぇ(汗)。
瑠璃色の地球 (akina)
瑠璃色の地球 (seiko)
↑松本隆の歌謡界に対する置き土産の聞き比べ。
2001年の紅白で、聖子さんがこの曲を歌ったのは、月並みですけど感動しました。

Kaze Tachinu 風立ちぬ
↑爆音で聴こう!
秘密の花園(松田聖子)
↑♪誰も~知らない秘密の花園!

2006年7月28日 (金)

探偵物語

くもり。最高気温 27℃ 降水確率:10%
[アイスクリーム指数:80]

探偵物語といっても“歌”ではありません。
探偵物語 op
探偵物語 ed
Detective Story trailers #01 - #14 (探偵物語 次回予告集)
Detective Story trailers #15 - #27 (探偵物語 次回予告集)
松田優作という人は、私にとって最大のヒーローです。
祖父母が亡くなっても泣かなかった冷徹な私が、赤の他人が亡くなって唯一泣いた人です。
サザンの桑田ちゃんの喋り方って、優作のパクリじゃないのかな?

探偵物語 VOL.1 DVD 探偵物語 VOL.1

販売元:東映
発売日:2005/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

探偵物語 VOL.2 DVD 探偵物語 VOL.2

販売元:東映
発売日:2005/12/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

探偵物語 VOL.3 DVD 探偵物語 VOL.3

販売元:東映
発売日:2006/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

探偵物語 VOL.4 DVD 探偵物語 VOL.4

販売元:東映
発売日:2006/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年7月18日 (火)

Ludivine Sagnierが大好きなのさ!

雨 時々 止む。最高気温26℃ 降水確率:70%
[アイスクリーム指数:60]

土曜日BSで

8人の女たち デラックス版 DVD 8人の女たち デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2003/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

が放送されました。
今でもサイトがありますね。

オリジナル・サウンドトラック「8人の女たち」
サントラ, リュディヴィーヌ・サニエ, イザベル・ユペール, ファニー・アルダン, ヴィルジニー・ルドワイヤン, フィルミーヌ・リシャール
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
2. パパは流行遅れ(リュディヴィーヌ・サニエ)
3. 告白(イザベル・ユペール)
4. 愛のすべて(ファニー・アルダン)
5. モナムール,モナミ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)
6. ひとりぼっち(フィルミーヌ・リシャール)
7. 裏か表か(エマニュエル・ベアール)
8. あなたは決して(カトリーヌ・ドヌーヴ)
9. 幸せな愛はない(ダニエル・ダリュー)
と出演した8人のフランス女優が歌って踊る映画です(笑)。
監督は、私のお気に入りのフランソワ・オゾンです。

ところで、この映画やはり一番の見所は、
「パパは流行遅れ」じゃないでしょうか。
Ludivine Sagnier - Papa T'es Plus Dans Le Coup
↑いやぁ、特別にプロモが作られたんですね(ウットリ)。
そもそもは

シェイラ/ベスト・オブ・シェイラ
シェイラ
イーストウエスト・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

の曲でやんす。
Sheila - Papa, t'es plus dans le coup 1963
何故、このサニエちゃんを私が好むかという点は明らかです!

そもそも私はフランスの女優が大好きで、実はアメリカよりもフランスとかイタリアの映画を観ているのかなと思ってます。
80年代以降のアメリカ映画は殆んど観ていなくて、ヨーロッパ嗜好なんですよ。
今まであんまり語らなかったけどね。なんかnov46sさんの後追いと思われるの癪だから・・・(笑)。

もともとサニエちゃんを知るキッカケは
スイミング・プール 無修正版 DVD スイミング・プール 無修正版

販売元:東北新社
発売日:2005/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でした。
昔から知っているシャーロット・ランプリングが出演しているので安心して観ることができました。
シャーロットは1946年生まれで今年還暦。スイミング・プールでは58歳だったんですけど・・・上手い年の取り方してます。

そういえば、シャーロットの相手役に現を抜かすのは、「美しさと哀しみと(1985)」のミリアム・ルーセル(Myriem Roussel)以来ですかね。
ミリアム・ルーセルが何で好きだったのかというと、これも明らかですね(笑)。

とにかく、サニエちゃんとオゾン監督作はみんな大好きで

焼け石に水 DVD 焼け石に水

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2003/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

も観て欲しいな(笑)。

で、おそらく「8人の女たち」のプロモで日本にサニエちゃんがやってきたと思うんですけど、例のタモリさんの昼のバラエティに登場しているのです。
Ludivine Sagnier in"Waratte Iitomo" Nov.19th,2002
↑いいでしょう!可愛いよね!
日本の能面のようなタレントなんか問題じゃない!

そういえば、サニエちゃん今年日本のCMに登場してました。
Ludivine Sagnier TBC "My esthetic / Mirror" 2006

Ludivine Sagnier TBC "My esthetic / Vacance" 2006

これで一児の母親なんですからね(残念)。

より以前の記事一覧